医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック :産科・婦人科・美容外科・形成外科・心理カウンセリング

HOME > レストラン・ハーブガーデン > クリニックの食事のこと

クリニックの食事のこと

PHOTO

クリニックのお食事の内容は、体調を整えること、元気になること、良い母乳が出ることを基本に考えています。見た目は地味かもしれませんが、「体に優しい料理」です。


自然食

クリニックの食事は、できるかぎり添加物の少ないナチュラルな素材を使用しております。(場合によってはやむを得ないものもあります)
その季節にとれる作物を食す事は自然エネルギーを体内に蓄積し、 自然治癒力を作り出します。そして、なるべく無駄のないように全体をいただくようにします。そのような食事は、心も体もバランスがとれると考えています。


カラダのバランスを整えるために

中医学(中国伝統医学)は「人間の体は自然万物との調和の上に立っている」と考えます。人間の体の中も各臓器、各器官がそれぞれの役割を持ちながら生命を維持しようと常にバランスをとろうとしています。
バランスの良い食事をしていれば、体に余分な負担をかけず、健康を維持することができます。しかし、体調というのは、いつも同じとは限りません。特に出産前、出産後はいろいろな意味で変化します。そこで、足らなければ「補う」多ければ「出す」というように、正常に戻し整える事が大切です。そこで栄養学の良いところ、薬膳の良いところを取り入れて、お疲れさまのカラダのために、少しでも早く回復させる食事を心がけております。

栄養学……

エネルギー源や体の機能を正常に保つビタミン、ミネラルをまんべんなく取り、取り過ぎや不足がないようにする食事です。

薬膳………

五臓の働きを整えるために気(き)、血(けつ)、津液(しんえき)、精(せい)の足らないものを補い、余分なものは体の外に出す食事です。


心を込めた料理

おいしい料理は体の細胞が喜びます。そして、元気のパワーになります。
皆さんにおいしい料理を召し上がっていただけますように厨房スタッフ全員で努力しております。


おっぱいと食のボンディング

赤ちゃんとのきずな作りは「食」も大切です。「おっぱい」は母親の体から直接赤ちゃんへ届けられる栄養です。また「おっぱい」は赤ちゃんの体を守る事はもちろん、母と子のきずなを作ります。それは、「食育」にもつながります。ハーブガーデンの食事を通して「食のボンディング(きずな作り)」の小さなきっかけになれば幸いです。食事について質問がありましたらいつでも厨房スタッフに声をかけてください。


母乳に良い食事

脂っこいもの、味の濃い物、乳製品の摂り過ぎは良いおっぱいが出ないと言われています。そこで、レストランハーブガーデンでは今までもできるかぎり「身体に負担をかけない優しい食事、おっぱいがでるような食事」を基本に考えてきました。ですから、塩分は控えめ、出来るだけ揚げ物の日を少なくする、可能な限りすべて手作りをする。出汁は天然出汁。コーヒーや紅茶などカフェインのあるものは避け、母乳に良いと言われているオーガニックハーブティーをお茶の変わりに提供する。などの工夫をしております。
中でも『おっぱん』は開院当初から「おっぱいに良いパンを」という事で特別レシピを考案し、厨房スタッフが成形から焼成まで手作りしています。
そして、2010年7月のおっぱいキャンペーン月間にあたり、今まで以上に皆様に「おっぱいに良くて、身体に優しい」料理の提供に努めていきたいと思います。特に3時のおやつに関してはナチュラルな手作りスウィーツをお出ししております。


豆腐のレモンパイ

こちらは、お豆腐と豆乳でつくったスウィーツ!です。乳製品を一切使用していないパイです。
豆腐と豆乳は母乳促進に効果があると言われています。くず粉と寒天粉でもっちりとした食感に仕上げました。タルト台もバター不使用、甘味はメープルシロップ、玄米粉と全粒粉をベースに薬膳では貧血に効き、便通を良くすると言われるアーモンドと、むくみを取り、母乳が出ると言われるかぼちゃの種を入れています。 ※かぼちゃの種を炒って食べると母乳に良いと言われています。


使用材料について……白砂糖は体を冷やすと言われています。産後のお疲れ様の体にはナチュラルで、ミネラルが豊富な甘味がぴったりです。そこで、おやつにお出しするスウィーツにはきび砂糖や黒砂糖、てん菜糖、メイプルシロップなどを使用しています。そして、出来る限りバターや生クリームを控えたおやつを作っています。もしバターや生クリームを使う場合も少量で品質の良いものを使っています。