医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック :産科・婦人科・美容外科・形成外科・心理カウンセリング

HOME > 公的手当・一時金など

公的手当・一時金など

■出産育児一時金

妊娠・出産は病気とは違って健康保険が使えないため、全額自己負担となります。
そこで、健康保険法等に基づき一定額を支払いましょうというのが「出産育児一時金」です。
健康保険に加入していれば、どなたでも利用可能です。......続きを見る


出産育児一時金には、医療機関が一時金を受け取る 「医療機関への直接支払制度」
患者様ご本人が一時金をうけとる方法「事後申請」があります。
同じ出産育児一時金なので、もらえる金額は同じです。
直接支払制度/事後審制について詳しくは、こちらをご覧下さい >>

■出産手当金

産休とは出産休業のことで、産前42日・産後56日の休みを指します。
一般的に産休中は、給料がでないことがほとんど…
産休中の生活を支えるために、勤め先の健康保険から支給されるのが出産手当金です。......続きを見る

■医療費控除

医療費がたくさんかかった年に申請をし、税金が戻ってくる制度です。......続きを見る

■乳幼児の医療費助成

赤ちゃんの医療費を自治体が支援する制度です。
全額または一部を負担してくれます。......続きを見る

■傷病手当金

病気や怪我の治療や療養のため会社を連続して3日以上休み、仕事につくことが出来ない場合で、
その間給料などをもらえないときは、4日目以降、
加入している勤め先の健康保険から傷病手当が支給されます。
妊婦悪阻、切迫早産などで医師の診断書が出た場合、傷病手当金の対象となります。......続きを見る

■高額療養費

保険診療による自己負担額が一定の限度額を超えた場合、
その超えた分が高額療養費として健康保険から払い戻されます。
妊婦、出産は病気ではないですが、トラブルの種類によっては、保険が適用になり、
さらに、自己負担限度額を超えた場合は、高額要寮費の対象になります。......続きを見る