医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック :産科・婦人科・美容外科・形成外科・心理カウンセリング

HOME > 公的手当・一時金など > 医療費控除

医療費控除

●医療費控除とは…

医療費がたくさんかかった年に申請をし、税金が戻ってくる制度です。


●対象条件は…

所得税を納めている仮定(年収103万円を超えた人)で、
家族全員1年間(1月1日〜12月31日)の医療費が10万円を超えた場合
または、所得が200万円未満の人の1年間の医療費が所得の5%を超えた場合。


●医療費として認められているもの

○医療費として認められているもの○ ×医療費として認められていない×
○妊婦検診費
○分娩・入院費
○通院のための交通費(電車・バス代のメモ)
○出産時のタクシー代
○赤ちゃん健診代
○治療に必要な薬代
○歯の治療代 など
×妊娠検査薬
×妊婦用下着
×マイカー通院でのガソリン代
×里帰り出産のための帰省費用
×入院用の寝具や身の回り品購入費
×赤ちゃんのミルク・オムツ代
×見た目をよくするための歯の矯正費 など

約1年分の領収証が必要です。


●手続き方法

医療費控除は所得税を払っている人が申告できます。ママとパパ2人共払っている場合、どちらが申告しても平気です。
手続き方法がよくわからない場合は、申告時期になると税務署や公共施設などで相談コーナーが設けられていますので利用してみてください。


●いつ頃戻る…?

申請後、約1カ月で口座に振り込まれます。


●こんな場合は…

  1. 過去何年分まで申告出来る?
    過去5年間まで可能です。所得税計算は1年ごとに行うため、申告を5年前までさかのぼって1年ごとの医療費控除を行います。
  2. 仕事をしていない場合…
    仕事をしていない場合は所得税を支払っていないため、申告はできません。
公的手当・一時金TOP