医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック :産科・婦人科・美容外科・形成外科・心理カウンセリング

HOME > 当院で2018年10月1日から2019年4月30日の間に出産された方へ

さめじまボンディングクリニック 産科で、
2018年10月1日から2019年4月30日の間に出産された方へ

「妊娠中の体重増加量の分娩への影響と
妊婦の体重に関する自己管理意識」の研究について

近年、高齢妊婦、妊娠率低下、難産、合併症など分娩リスクが増加していることが問題とされています。先行研究においては、体重増加が分娩に及ぼす影響についての研究は多数行われています(土居ら,1995;吉田ら,2005;高橋ら,2007)。そこで、非妊時のBMI(体格指数)25未満の初産妊婦の、妊娠中の体重増加量が分娩に及ぼす影響と妊婦の体重の自己管理意識を検討することによって妊婦の体重管理に関する保健指導への示唆を得ることができると考えました。
本研究の目的は、妊娠中の体重増加量が分娩への影響と妊婦の体重自己管理意識を明らかにし、妊娠中の体重の自己管理に関して、妊婦の皆様をより支援するための、保健指導の在り方を検討するための資料意義として挙げられます。この研究の一部においては、すでに出産された方のデータを使いますので、あなたの負担はありませんし,今後の治療方針にも影響しません。また費用の負担もありません。なお,この研究は,放送大学研究倫理委員会の審査を受け承認を得て行っているものです。


  1. 研究の対象
    2018年10月1日から2019年4月30日の間に分娩された初産婦で、非妊時のBMI(体格指数)25未満の方
    ※非妊時のBMI(体格指数)25以上の初産婦の方については対象外です。
    ※非妊時BMI(体格指数)に関わらず、胎児が骨盤位(逆子)による予定帝王切開の方については対象外です。
  2. 研究の目的について
    研究課題名:妊娠中の体重増加量の分娩への影響と妊婦の体重に関する自己管理意識
    この研究では2018年10月1日から2019年4月30日の間に出産された初産婦、非妊時のBMI(体格指数)25未満の方で、妊娠中の体重増加量と分娩経過のデータを元に,体重増加量と分娩の関連を調べることを目的としています。
  3. 研究の方法について
    1)データの収集方法
    ①研究の趣旨・実施方法をさめじまボンディングクリニック 鮫島浩二院長に説明し、調査の実施について承諾を頂いたあと、看護部長・看護師長に調査方法の説明をさせていただき、研究協力の依頼をします。
    ②2018年10月1日から2019年4月30日の間に当院で分娩された初産婦、非妊時のBMI(体格指数)が25未満の方の電子カルテの診療録からデータを収集します。
    ※非妊時 BMI(体格指数)25以上の方のデータは収集いたしません。
    ※非妊時BMI(体格指数)に関わらず、胎児が骨盤位(逆子)による予定帝王切開の方のデータは収集いたしません。

    2)調査内容
    年齢・非妊時のBMI(体格指数)・妊娠期間の体重増加量・分娩経過(分娩のきっかけ・分娩方法・所要時間・出血量・出生時体重)を電子カルテから情報収集いたします。
    ※カルテ番号・生年月日・名前等、個人が特定されるデータについては、収集いたしません。
    ※研究目的以外のカルテの閲覧は致しません。

    3)分析方法
    データを収集したあと、記述統計分析を行い、体重増加量から分娩に及ぶ影響についての研究を行います。
  4. 研究期間
    この研究の期間は,放送大学研究倫理委員会の承認日から2020年3月31日までです。
  5. 自由意思による参加について
    この研究に参加するかしないかは、あなたの自由な意思で決めることができます。研究への参加をお断りになっても、その後、何ら不利益を受けることはありません。
  6. 研究同意の意思について
    さめじまボンディングクリニックのホームページ上にて一定期間、情報を通知、公開をもって、該当の方の同意を得られたものといたします。拒否の意思表示を示した方の情報は、研究分析対象から除外し、本研究に使用しないこととし、拒否の意思表示がなかった方のみを同意が得られたとみなします。
  7. ホームページ掲載期間
    放送大学研究倫理委員会承認日から2019年8月31日までといたします。
  8. 予想される利益と不利益について
    この研究は通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。この研究に参加しても直接の利益はありません。予測される不利益として個人情報の流出の可能性はありません。
  9. プライバシーの保護について
    この研究では,データの調査には個人情報の含まれない番号で管理いたします。また,この研究で得られた結果は学会等に発表されることがありますが、あなたの個人情報などが公表されることは一切ありません。
  10. 情報の保管方法・場所
    研究分担者である鮫島浩二院長の院長室にある鍵のかかるキャビネットに保管いたします。
  11. 情報の廃棄方法
    研究終了後5年間、院長室の鍵の掛かるキャビネットに保管し、紙媒体データはシュレッダー処理し、電子媒体に保存されたデータはすべて削除し初期化します。
  12. 研究参加に伴う費用の負担や通院について
    この研究に参加することによる費用の負担や研究のためだけの新たな通院はありません。
  13. 研究組織
    研究責任者:放送大学教養学部全科履修生 橋本 祐佳
    研究実施者:放送大学教養学部全科履修生 橋本 祐佳
    研究分担者:さめじまボンディングクリニック 院長 鮫島 浩二
    研究指導教員:群馬大学大学院保健学研究科 教授 常盤 洋子
  14. 研究への不参加の自由について
    情報が当該研究に用いられることについて、ご了承いただけない場合には、研究対象としませんので、2019年9月7日(土曜日)までに下記の問い合わせ先までお申出ください。
  15. 研究計画書など資料の入手について
    この研究の研究計画書などの資料が欲しい、またはごらんになりたい場合は、研究に関する窓口に問い合わせてくだされば、対応いたします。

<研究に関する窓口>
この研究の内容について,わからない言葉や,疑問,質問,自分がこの対象の対象になるかなど,更に詳細な情報をお知りになりたいときには,遠慮せずにいつでもお尋ねください。
群馬大学大学院保健学研究科 
研究責任者:橋本祐佳(放送大学教養学部 全科履修生)
問合せ窓口:橋本 祐佳(放送大学教養学部 全科履修生)
電話:048-526-1103
e-mail: yh839374@gmail.com